a record of inner life

やったことや考えたこと・本・論文・音楽の備忘録。 特に環境科学・生態毒性に関して。

論文「海洋の酸性化が重金属の毒性を増加させる:多毛類での検討」

大気中のCO2濃度増加により、海洋のpHが減少、すなわち酸性化することで生態系に様々な影響が及ぶと懸念されています。下記論文は、その影響の中でも重金属のbioavailability変化に着目しています。

Campbell A.L. et al., 2014, Ocean acidification increases copper toxicity to the early life-history stages of the polychaete Arenicola marina in artificial seawater, Environ. Sci. Technol., 48 (16), 9745-9753. 

酸性化したら、銅の毒性は増加する、とあります。

始め「H+と競合するから、毒性は減少するんじゃ?」と思ったので、読んでみると、①H+が底質粒子からの重金属脱着を促進する、②重金属のCO32-イオンとの錯体が形成されにくくなる(炭酸平衡がHCO3-に傾くから)という2つの理由で毒性が増加すると考えられているようです。