読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a record of inner life

やったことや考えたこと・本・論文・音楽の備忘録。 特に環境科学・生態毒性に関して。

最近読んだ論文のメモ: 東京湾底質の汚染・遺伝子発現の個体差

論文 底質 HOC 生態毒性 分子生物学

東京湾底質のLAS・LAB汚染」

Hideshige T., Ishiwatari R. and Norio O., 1992, Distribution of linear alkylenzenes (LABs) and linear alkylbenzene sulphonates (LAS), Estuar. Coast. Shelf Sci., 35, 141-156.

 前回に続き、東京湾底質の微量物質汚染データ。古いけど。お台場あたりを測定したデータがないかってことで、ざっと読み。LASとLABsの測定。LASもLABsも底質中の濃度は、湾内より河川内の方が高い。両者とも沿岸域、お台場あたりで底質にトラップされているわけでもない。

 

東京湾底質のアルキルフェノール類汚染」

Isobe T., Nishiyama H., Nakashima A. and Takada H., 2001, , Environ. Sci. Technol., 35, 1041-1049.

今度はノニルフェノール・オクチルフェノール・ノニルフェノールエトキシレートなどのアルキルフェノール類の汚染調査。ノニルフェノールとオクチルフェノールの濃度は1970年代から下降しています。

アルキルフェノールもLASも、下水処理で80~99%ほど除去されますが、 未処理水の影響で汚染が進行する模様。

 

「魚類トランスクリプトームのばらつき」

Wang R.L., Bencic D.C., Garcia-Reyero N., Perkins E.J., Villeneuve D.L., Ankley G.T. and Biales A.D., 2014, Natural Variation in Fish Transcriptomes: Comparative Analysis of the Fathead Minnow (Pimephales promelas) and Zebrafish (Danio rerio), PloS one, 9(12), e114178.

2004年から2010年に著者らのグループでおこなったマイクロアレイ実験のメタ分析。毎回のコントロール条件のデータ比較をしたそうです。手法の詳細はフォローできてませんが。

実験時期や実験担当者によってばらつきが出てくるという結果。教訓は、毎回ちゃんとコントロールとれよってことでしょうか。タイトルから期待したほど面白くなかったです。