読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a record of inner life

やったことや考えたこと・本・論文・音楽の備忘録。 特に環境科学・生態毒性に関して。

最近読んだ論文のメモ: ニコチンの生態毒性 その4 ~ネオニコの作用機序との比較~

生態毒性 論文 農薬 ニコチン

 ニコチン毒性の作用機序は、農薬のネオニコ関連でたくさん研究されているようす。

 

 

Yamamoto I.,  Yabuta G., Tomizawa M., Saito T. Miyamoto T. and Kagabe T., 1995, Molecular mechanism for selective toxicity of nicotinoids and neonicotinoids, J. Pest. Sci, 20(1), 33-40.  
Tomizawa M. and Casida J.E., 2003, Selective toxicity of neonicotinoids attributable to specificity of insect and mammalian nicotinic receptors, Annual Review  Entomol., 48(1), 339-364.  

 まずざっと総説を読みました。読んでから気づいたけど、同じグループの論文でした。

ニコチノイドも、ネオニコチノイドもニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)のアゴニストで、神経系の毒性を引き起こす。どちらもイオン化した状態で中枢神経系のnAChRに結合する 。

※ただしイオン化したままでは神経系に浸透できないので、非イオンである遊離態として浸透してから、イオン化する。一方ネオニコはそもそも体内でイオン化していない。

 

 

「リスク評価におけるDruckrey–Küpfmüller式の重要性」

Tennekes H.A., 2011, The significance of the Druckrey–Küpfmüller equation for risk assessment—The toxicity of neonicotinoid insecticides to arthropods is reinforced by exposure time: Responding to a Letter to the Editor by Drs. C. Maus and R. Nauen of Bayer CropScience AG, Toxicology, 280(3), 173-175.   

ニコチンではなくネオニコチノイドの話ですが、パルス曝露との関連が語られていたので読んでみました。まずTennekes (2010) が論文を出します。それに対してMaus & Nauen (2011) が下記のコメントを出します。上のTennekes (2011) はそのMaus & Nauen (2011) に対する返答です。

Maus C. and Nauen R., 2011, Response to the publication: Tennekes, HA (2010): the significance of the Druckrey–Küpfmüller equation for risk assessment—the toxicity of neonicotinoid insecticides to arthropods is reinforced by exposure time. Toxicology, 280(3), 176-177.   

とりあえず関心のあるところだけ議論の流れを追ってみました。つまりネオニコの曝露時間と影響との関係をどうモデル化するか、についてです。ネオニコの実際の影響のようなより一般的な話題はほぼスルーしました。

 

Tennekes, 2010 『ネオニコの毒性はHaber則で考えるべし。低濃度でも長期間なら影響大きいよ。』

Maus & Nauen, 2011『いやHaber則と、その定式化であるDruckrey–Küpfmüller式は受容体への不可逆的な結合にしか適用できないよ。ネオニコは可逆的だからダメ。実際、不連続的な曝露状況だと、ネオニコ曝露から回復した例もあるし(Nauen, 1995, Pest Sci)。』

Tennekes, 2011『ネオニコはアセチルコリンエステラーゼで分解されないから、結合部位に長く残存するよ。なので実質的には不可逆みたいなもの。』

 

Tennekes, 2011は相手のコメント一つ一つに応えていない気がしますが、そして数理モデルの話に寄り過ぎている気がしますが、書いている内容は勉強になりました。

  

 

(追記)

冨澤元博, 大塚博子, 宮本徹, ELDEFRAWI, M. E., & 山本出. (1995). Pharmacological Characteristics of Insect Nicotinic Acetyicholine Receptor with Its Ion Channel and the Comparison of the Effect of Nicotinoids and Neonicotinoids. Journal of Pesticide Science, 20(1), 57-64.

ニコチンの無脊椎動物に対する作用機序の分析例として。