読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a record of inner life

やったことや考えたこと・本・論文・音楽の備忘録。 特に環境科学・生態毒性に関して。

論文「湖沼底質の有機汚濁物質がDaphniaの休眠卵からの孵化に影響する」

論文 生態毒性 個体群

Daphniaの乾燥卵殻 (dried ephippium) を、Greifensee湖の底質に曝露させてみた研究。15日間でのふ化率は、曝露させた系での方が高かったようです。

ちょっと意外な結果でしたが、ストレスのある環境で卵のまま死んでしまうのを防ぐために早くふ化する戦略をとる生物もいるみたいですね。また、単純にふ化を早めるようなホルモン様物質が含まれていたかもしれないとか。

 

Möst M., Chiaia‐Hernandez A.C., Frey M.P., Hollender J. and Spaak, P. (2015). A mixture of environmental organic contaminants in lake sediments affects hatching from Daphnia resting eggs, Environ. Toxicol. Chem., 34(2), 338-345.