読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a record of inner life

やったことや考えたこと・本・論文・音楽の備忘録。 特に環境科学・生態毒性に関して。

本「アクロイド殺し」

小説

 正月帰省の新幹線で読んだ本。犯人が誰なのか予め知っていて読みました。それでも十分楽しめました。

 

アガサクリスティー, アクロイド殺し, 羽田詩津子 訳, 早川書房

 

イギリスの田舎村の富豪アクロイドが殺された事件。仕事を引退して村へ越してきていたエルキュールポアロが、アクロイドの姪から依頼されて事件を解決するお話。

 

真犯人は、物語の語り部であるシェパード医師なのです。推理小説界では、このことをめぐってフェアか、フェアでないかの大論争があったようです。その論争のことなど全く知らずに、個人的な感想を書けば、この大どんでん返しは嫌いです。下品というか。「語り部が犯人である」ことを知っていて読んでいても、はなから読者を騙そうとして書かれているものにあまり良い気はしませんでした。この大どんでん返し以外にも面白いポイントはたくさんあったので*1、それらを台無ししてしまうようにさえ感じました。

 

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

 

*1:ほとんどの登場人物が事件と直接関係ない秘密を持っていて、証言に嘘があり、アリバイが狂ってくることなど。